« 結花のエサの内容です☆ | トップページ | 冬を遊べぇっ!! »

2006年12月 3日 (日)

ジャージー牛、待ちに待ったお産

うちにはジャージーという種類の牛を、母牛1頭と、その子どもの♂が1頭います。

母牛のほうの名前は「花子」っていって、父ちゃんが手塩にかけて育てました。

ジャージーは、よくいる乳牛のホルスタインよりも、乳量が少ないので、

普通に乳業会社に出荷すると、kgあたりの単価で買い取られるので、

その点、ジャージーは出荷には向いてないのですが、

濃い乳質なので、バター、チーズなどの加工には向いているんですね(^^)

そして、何よりも、赤茶けた毛色で小柄で、なつっこい性格がめんこい!(≧▽≦)

この花子1頭から飼い始めたジャージー、その花子の最初のお産は去年、

産まれてきたのは♂・・・、ホルスタインの場合♂が産まれると、肉用として

肉牛育成をやってる牧場に買い取ってもらうのですが、

ジャージーの場合、買い取り手がいないので、さぁど~しようかってとこで、

今でもそのままうちの牧場でスクスクと育ててます(^^;)

。。。

そして、その花子の2番目の子牛が今日産まれました!!\(^▽^)/

出産予定日が11/27だったので、いつ産まれるのかハラハラしてました・・・

昨日の晩から産みそうな気配で、今朝の9時ごろ息み始めました。

花子もうちらも落ち着かない感じで、花子は破水して子牛の足が見えてきても立ち上がったり、

きっと僕が花子の後ろで身構えたのが気になって落ち着かなかったかな(>_<)

ソワソワしながら花子がやっと腰を下ろしたと思ったらもう出てくる!!

父ちゃんが引っ張ったら、そのままなだれ出たようにズルっと出産!

子牛は・・・元気だ!よかった!!

さぁ、気になるのが♂なのか♀なのか!?

また♂なら、うちではもう飼えないからどうしようと思ってました・・・

が!産まれたのは♀!!やった・・・(^▽^)

その瞬間、僕も父ちゃんも、安堵と喜びのため息が思わず漏れました。

。。。

P1010009 産まれてきた子牛の体を母牛は元気に立ち上がるまで舐める習性があります。

子牛を花子の前に連れて行って舐めさせてあげます。うちらもワラで子牛の羊水をぬぐいます。

この時に、しっかりと母牛や人間の手で子牛の体をぬぐってあげると、性格のよい牛に育つということもあるんですよ(^^)

そして、牛舎の中はもうとても寒いので、羊水でぬれている子牛の体が冷えないようバスタオルでしっかりふき取り、

子牛用の個室へと移動させました。

とっても元気な子で、母牛の初乳もがっちり飲み干したし!

これからの成長がホント楽しみだなぁ~、、、

名前、なんてつけようかな~(^^)

|

« 結花のエサの内容です☆ | トップページ | 冬を遊べぇっ!! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/145720/4415214

この記事へのトラックバック一覧です: ジャージー牛、待ちに待ったお産:

« 結花のエサの内容です☆ | トップページ | 冬を遊べぇっ!! »