« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »

2007年2月の記事

2007年2月25日 (日)

糞尿処理

今日の作業が堆肥の移動・切り返しだったので、うちの糞尿処理について書きます。

え~っと、まず、お断りを、、、これから貼る写真は、牛の糞が大量に写ってますので、ご了承ください。写真は小さく添付します。大きく見るには写真をクリックしてください。

Ca350005_5 うちは親牛はスタンチョンのつなぎ飼いなので、牛がお尻を向かい合わせて並んでいます。そのお尻の下に側溝があって、そこに牛の食い残しのわらを敷き、その側溝の中に糞尿が落ちるようにしています。

Ca350059 そして、この「バンクリーナー」という機械が、側溝の中の下にある、連なったバーを、ベルトコンベアー式に、機械の力で糞を外に運び捨てます。

1日2回糞を外に出します。

そのとき、途中で尿は別の場所へ流れ、地下の尿溜め槽にためられます。

ちなみに10年ほど前までは、側溝の糞をスコップと一輪車を使って手作業で捨ててました。その頃に比べたら、今は本当に楽です。

親牛以外の育成牛舎は、数日に一度トラクターや手作業で糞を掃除します。

。。。

うちには糞尿に加えてるものがあって、ひとつは

Ca350008_4 この液体状のEM菌。酵母菌や乳酸菌などの、嫌気性・微好気性の善玉菌が含まれていて、これを1日2回、水で薄めて

Ca350009_5 こうして側溝にかけて、糞尿に混ぜます。

EM菌の働きで、雑菌の活動を抑制して(臭いも抑えられます)、堆肥・尿の発酵・分解を促進させる・・・予定です。実は去年の秋から始めたのでまだ効果が目に見えてません(^^;)

Ca350006_5 もうひとつはゼオライト(詳しくはここをクリック)

体が小さい牛や、うまく排泄できない牛は、側溝ではなく足元を汚します。また、搾乳前に牛乳の漏る牛がいて、足元を汚します。

Ca350007_3 これを、牛の足元を掃除した後に撒きます。そうして、汚れで湿った部分の乾燥をさせて乳房炎予防にしています。あと、コンクリートの床なので、滑って立ちにくい牛の滑り止めにもなります。

これが糞尿に混ざり、発酵を促し、土壌の改善の効果もあるということで、使用しています。

。。。。。

この糞はバンクリーナーで外に出されたら、次に堆肥舎に移します。

Ca350001_1 これが堆肥舎です。今日の作業は、

Ca350002_2 トラクターで右隅の堆肥を

Ca350003_5 持ち上げ

Ca350004_3 左に移す。という感じです。

堆肥を移動させるのと、切り返すことで、好気性の微生物の分解活動を促すためでもあります。

しっかり堆肥の熟成をさせると、臭いもなくなり、発酵熱で乾燥して、元々牛の糞だったものがどんどん土のように変化します。

この堆肥は有機肥料として、秋の雪降る前に牧草地に撒きます。様子を見て春先などに追肥します。

尿散布は秋と春の2回。さすがに尿散布は臭いがきついですが(^^;)

堆肥の散布は、またその時期が来たときにでも記事にします。

。。。。。

とは、述べているものの、僕もまだ見習いのようなものなので、

同業者の方、何かアドバイスや指摘などありましたら、ぜひコメントお願いしますm(_ _)m

| | コメント (2)

2007年2月22日 (木)

勉強会

今日は普及所から誘いがあった勉強会に参加しました。

新規参入・若手後継者を対象にしたもので、内容は数字から見る、経営の基礎的なものでした。

その中で、僕の気になった部分は、

発情発見率の出し方を教えてもらい、うちの計算をしてみたら、、、、

66%

・・・微妙( ̄_ ̄;)

理想は80%、目標ボーダーは70%。

つなぎ飼いだと、主に陰部からの粘液で見分けるのですが。もっと発見できるように、最近は僕が繁殖管理を積極的にとっています。

これは去年1年間で66%なので、今年は75%を目標にしたいところですね。

| | コメント (9)

2007年2月20日 (火)

決意を新たに

今、私は夢を見据えて、それに向かって確実に前進する決意を固めています。

自分で搾った牛乳で、チーズを作る。農家製ナチュラルチーズがある牧場『フェルミエ』スタイルを目指しています。

まだまだ漠然としている段階ではありますが、ゆくゆくは、皆さんの食卓に、手造りチーズが置かれ、その家族の食卓が、チーズで少しでも会話が弾み、楽しい食事のひと時を提供できるようになるのが、私の夢です。

もちろん、そのベースとなるのは酪農。よい土からよい草を育て、健康な牛を育てる。チーズは職人が作り上げるものではなく、その大地と牛が作り上げる自然食だと思っています。

私は、その自然の中で、自然の流れに逆らわず、「土・牛・チーズ」にちょっと手を貸して、

ここだけの、自分だけの牧場づくりに取り組んでゆきます。

今はまだまだ、全然知識もない青二才です。親や先輩の方々の経験からの助言無しでは、たいしたことも出来ない状態ですが。

現状の仕事は、朝5時半からと夕方5時からの牛たちの給餌・搾乳作業各3時間、日中は牛舎の掃除など必要に応じての作業を行い、空いている時間で、チーズを試作したり、勉強したりしている日々です。

夢に向かって、あせらずに、確実に前進していきます!

同じ酪農家の方、同じ地域の方々、このブログを見てくださっている皆様、差し出がましくありますが、叱咤激励と応援をしていただけると、嬉しい限りです。

決意も新たにハンドルネームとプロフィールを変更いたしました。

ハンドルネームは「ケンゴ」ですので(^^)

今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (10)

2007年2月19日 (月)

セミハードチーズ加塩・乾燥

昨日作ったチーズは、しっかり固まってましたっ(^^)

このチーズを取り出し、塩を擦り込みます。

その後冷蔵庫で表面を乾燥させます。

Ca350006_4 こんな風になっています(^^)

上にあるのは、こないだ興味で作ったいびつなカチョカバロです(^^;)

セミハードチーズはあと3ヵ月後に出来上がる予定、カチョはあと1週間後くらいかな。

食べられるものに仕上がるように、後はじっくり寝かせます。

| | コメント (0)

2007年2月18日 (日)

セミハードチーズ試作

本日は初めてセミハードチーズの試作をしました。

昨日、それに必要な道具をそろえるために八雲のホーマックへ。1時間半ほどうろうろして応用できる道具を揃えました。

さぁ、作り方は、途中までモッツァレラチーズとほとんど一緒です。

(モッツァレラチーズ製造の記事)

カードがしまってきたら型につめます。

Ca350002_1 こんな感じに、丸い筒状のものにネットを被せ、その中にカードを入れます。

その後に

Ca350003_4 重石と、なべに水を入れて、その重さで、チーズの水分を抜き、固くします。

後は均一に水分が抜けるように数回チーズをひっくり返します。

後は明日までそのままです。

しっかりと固まってくれるかな、ちょっと思ったとおりに行かなかったとこがあるので心配ですね(>_<)

| | コメント (0)

2007年2月14日 (水)

牛舎が揺れる!

去年の台風でもここまでヒドいのはなかった!

っていうくらいの強風で荒れています。

いままで穏やかだった冬を取り戻すかのように。ただ雪はそれほど降らない様子。

ただ、風が!

夕方の搾乳時は、本当に牛舎が吹っ飛ぶんじゃないかってくらいの風で、おっかなかった・・・

築20数年、木の電柱などを利用した、手作りの牛舎。今やそれが突風のたびに全体的にゆれるんです。

悲鳴のような、きしむ音。もう屋根のトタンは数枚はがれかけている。明日も荒れるみたいだけど、明日は大丈夫かな。今は落ち着いているけれど・・・

| | コメント (4)

2007年2月12日 (月)

八雲へ

今日は朝晩作業の合間に、八雲へお出かけ。

仕事着のつなぎ、穴の開きそうな靴下の予備、牛舎備品、猫の餌・おもちゃ、犬のガム、チーズ作り用の道具、そして食料などの買出しです。

ちなみに、ここ八雲のセルフスタンドが近郊では一番安い!いつもまとめて給油します。

今はレギュラー・・・113.8円/㍑。

これは全国に見たら安いんだろ~か(?_?)

そして帰り道にある「八雲チーズ工房」にお邪魔しました。

アポナシの突然のお邪魔でしたが、そこの奥様が、お忙しい中なのにあたたかく家の中へ招いてくださり、

さらに、チーズ3種とコーヒーまで出していただいて(>_<)

いろいろと話が出来ました。本当にご親切な方。とても嬉しかったです。

ご主人は手が離せなかったようですが、いただいたチーズはどれも、やさしさのある、まろやかで柔らかい味わいで、とても食べやすく、度主人や奥様のチーズに対しての気持ちが伺えた様な気がします。

帰りにお土産に『ミルクボール』という名のフレッシュチーズを買って帰りました。

。。。。。

八雲チーズ工房の商品も取り扱っているオンラインショップはこちら

チーズ専門店のメイドイン北海道本店

| | コメント (0)

2007年2月10日 (土)

ギョロとゴマ、クラスアップ

うちのこっこ牛、ギョロとゴマ、だいたい産まれて二ヶ月たち、離乳もして、餌もよく食べるようになりました。

ということで、今日は、もともとアパッチの子がいたスペースに、2頭一緒に移動。

個室から、少し広い場所に初めて仲間と一緒にいる、

コレを興奮しない子牛はいません!

では、興奮のようすをご覧下さい

暴れすぎで怪我しないか、、、大丈夫かな(^^;)

ちなみに同じ時期に産まれた、あられは、まだ餌を食べるのが遅く、一緒にすると、食い負けするのでそのままです。

| | コメント (0)

2007年2月 9日 (金)

スーの足治療

うちの年牛「スー」の立ち方が、後ろ足の左足を前に出し、右足を後ろに下げて変に立っていたので、ちょっと検査。

(スーの関連記事)

枠場に入れて、もし暴れても動けないように体を固定し、痛がっている右後ろ足を上げて固定。

蹄の汚れを落とし、蹄を削ると、蹄のふちの皮膚と皮膚の間らへんに隙間が。

父ちゃんの話だと、スーはバンクリーナの手前に糞を落とし、そこにずっと立っていて、放牧しないでいるから、その汚れのせいで足を痛めた。ということ。

患部に薬を塗って、包帯をし、人間用の履き古した靴下を履かせて保護して処置をしました。

反対の左後ろ足も、診ると後ろ右足より軽症だけど、同じ症状が診えたのでこちらも処置。

Ca350019_4このように枠場に固定しています。

処置後なので、水色の靴下を履いてますね~。

Ca350018_9 薬を塗る様子です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 8日 (木)

あられの除角とひとつの別れ

あられの角も少し伸びてきたとこなので、今日は除角です。

うちはいつもは生後1ヶ月弱を過ぎてから、伸び具合を見て除角をしています。

(うちのHPでの除角の紹介ページ)

あられはジャージーということもあり、先延ばしで、2ヶ月たって、やっと除角です。

ガス式の除角機で焼き取るのですが、牛にとっちゃ非常に辛いこと(>_<)

神経質な子や、大きくなりすぎてからの除角は、子牛に精神的ショックを負わせてしまい、

除角後に、人嫌いになってしまったりする子も、たまに出てしまうんです(>_<;)

なるべく、小さいうちに除角するとショックが少なくて済むんですが。

Ca350019_3 これが除角後のあられです。

出血もなく、きれいに取れました。

心配の精神的ショックは、特になく、いつもと変わらずなついてくれています(^^)よかった。

その一方で、ちょっと寂しい別れが・・・

生後6ヶ月の、「アパッチ」の子ども♀を売りに出しました

Ca350018_8 名前がついていないのは、前から売るのが決まっていたから。

ちょうど同じ時期に生まれた♀がいなく、ずっと一頭で成長するしかなく、

また、親からの遺伝もあって、ちょっと興奮しやすい性格もあって、

この先、大人牛に育ってからだと、他の牛たちになじめないかもしれない。そういう理由での『売る』という判断です。

それでも、一頭でもかわいがられるようなとっても人好きな性格。

近くに来ればすぐに顔を出して、かまってくれって言ってきます。

普通の牛だとここまで人好きにはならないかな。

新しいもくしをつけて、ブラッシングして、父ちゃんに甘えている写真です。

いなくなって、今、いつもの場所から顔を出すアイツがいないのが、ちょっと寂しく感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年2月 7日 (水)

ディスク動画

最近、結花の話題がなかったのですが、、、

特に変わりなく、元気に過ごしていました。

ということで、今日のディスク遊びの動画を~。

たまには主役の記事が無いとね(^^;)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

チーズパスタ

今日の昼に作ったパスタが、おいしく出来ました(^^)

Ca350011_3  「ナチュラルチーズのパスタビアンコ」

お好みのナチュラルチーズ(ハードタイプがオススメ)を小さな角切りにして常温に戻します。

パスタを茹で上げたら、ボウルの中で麺とバター適量を絡めて、皿に盛ります。

熱いうちにすぐチーズをトッピング、粗挽きコショウをまぶして出来上がり!

パスタの熱でチーズのいい香りが立ち込めます。

とても簡単ですので、興味のある方はぜひ!おすすめです。

今回は、半田ファームのナチュラルチーズ「オーチャード」と「チモシー」を使いました。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月 6日 (火)

雪がない・・・

Ca350009_4 この写真が家の目の前の牧草地なんですが、

見てのとおり、雪がほとんどありません。

例年では、1月の下旬から2月上旬が一番冷え込み、吹雪に真冬日が毎日続くのですが、

今年は真冬日にもならず、吹雪どころか、雪すら降り積もらない。

ここ、せたな町は、僕が知っている限りでも、今までありえない、想像もしていなかったほど、雪が少ない。

去年は去年で、それまでありえなかった雪が多量に積もったのに。

この格差はなんだろう。

冬がいつもの冬でない。

自然は変わってきているのだろうか、、、いつもどおりの冬が来ないことは、何かポカンとした、大きな悲しみを感じてしまう。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007年2月 5日 (月)

外出日和

本日は、父ちゃんとともに、外出です。

まず向かったのが、地元の酪農家仲間の集まりで、昨年新規就農された方の牧場へお邪魔しました。(だいたい15人くらいが集まりました)

僕も先日の青年部の総会の時にその方からお誘いいただいたので、喜んで訪問(^^)

牛舎の中を見せてもらいながら、いろんな話をしました。といっても、僕は全然素人のようなものなので、話は伺ってばかりですが(>_<;)

そして、家にお邪魔して昼食。

皆さんで持ち寄ったものをいただきました。うちからは、前日に製造したモッツァレラとストリングチーズを用意しました。皆さんに食べてもらえてよかった~!

他には、シチューやクッキーや蒸しパンをいただきました。どれも美味しかったです(^^)

中でも、うっしっしさんの「そばいなり」、初めて食べました。これがおいしい!

ごはんよりそばの方があっさりして食べやすく、2個もいただいちゃいました(^^;)

皆さん、本当にご馳走様でした。

しかし、次の予定のため、僕と父ちゃんだけお先に失礼し(もう少しいたかったけど)

NOSAIの地域懇談会へ参加。

内容はNOSAIの事業内容説明と、勉強会。

地元の酪農・畜産農家が集まりました。

勉強会では、乳牛の乳熱に対しての内容と、肉牛の繁殖について。

これまた僕は聞くだけですが、いろいろと勉強になりました。

。。。

いつもの日常は、だいたい家から出ない仕事なので、家族以外に会わないのが当たり前の日常ですが、

こうして、たくさんの人からお話を伺えるのは、経験・知識の少ない僕にとってはとても参考になるのと、刺激となりやる気に結びつくので、いい1日でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 4日 (日)

あられとホル赤ちゃん

Ca350006_1 あられ、産まれてちょうど2ヶ月がたちました。

ちょっと下痢気味だった時期もありましたが、元気に育っていますよ~。

今は気になるものには何でも舌を伸ばす好奇心旺盛な時期、うっかりすると、腰ポケットに入れてある軍手を食べられそうになります(^^;)

Ca350007_2 離乳も済ませ、あと1ヶ月位しての成長状況で、この個室から3頭ほどの群飼いになります。

、、、ケータイカメラも食べられそうでした。だいたい撮った写真はこんな寄りすぎなものばかり(>_<)

。。。。。

そこに、今日の夕方、ホルスタインの母牛「マリオン」が予定日よりだいぶ遅れての出産。

遅れた分、マリオンのおなかの中で大きく成長し、出てきたのが、やっぱりオスでした。

羊水をふき取り、あられの隣の個室に入れると、、、

Ca350005_4 こ~んな風に、大きさが変わらないっ!(*O*)

ジャージーはもともと小さい品種ですが、あられは2ヶ月経って、やっと産まれたてのホルオスに追いついたってとこです(^^;)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年2月 1日 (木)

うめきちひとり遊び動画

猫じゃらしの綿さえあれば、いつまでも遊び続けるうめきち。

動画をお見せしますが、前編後編あわせて7分というマニアックな長さになっています(^^;)

見ていて飽きない方は、どうぞじっくりご覧ください。

親バカな僕は、何回見ても飽きません(笑)

見てる途中でリタイアしてもかまいませんから~(^^ゞ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年3月 »