« 半田ファームにて | トップページ | 札幌にて買い物 »

2007年3月11日 (日)

乳製品製造技術基礎研修

本日より3日間にわたって、中央酪農会議により

酪農家のためのチーズ乳製品製造技術基礎研修」が催されました。

1日目が講演会と懇親会、2日目が製造実習、3日目が講義になっていました。

全部受けたかったんですが、、、定員があり1日目のみの参加となりました。

午前中は、またまた帯広の銭湯へ(^^;)銭湯価格なのに源泉100%なので、ついつい長居。

そして、帯広駅内の物産センターで、お菓子フェアがあったので、行ってみると、すごい人・人・人の数。ゆっくり物色する余裕なく、とりあえず家族へのお土産を購入。

そうしていたら講演会の受付時刻の12時に、

「会場の席が足りなくて、立ち見の人が出る」といううわさなので、急ぎめに会場の「とかちプラザ」へ。

まだまだ席が空いていました。よかった(^^)

目が悪いのにメガネやコンタクト嫌いで、、、なので最前列の席をキープ。

ぞくぞくと席が埋まっていきましたが、当日キャンセルもあったらしく、少しだけ空いた席がありましたねっ。だいたい70人くらいの参加者かな。

さぁ、始まりました。最初は、

オフィス・ムー代表、チェスコ㈱特別顧問、C.P.A.会長の、村山重信氏による、「世界のチーズ事情 開発・販売」について、

第一印象は厳格な方なのかな、と思っていましたが、とても気さくな方で、講演の中にも、笑いがあるような、とても話に引き込まれ、あっという間の講演時間。とても楽しく学べました。

モンゴルのチーズだと渡されたものが、サイコロの大きさのカッチカチに固いもの。匂いをかいでみると、たしかに乳の匂い。乳を酸で固め、天日でカラカラに乾かして、食べるときは、砕いて粉末状にして、料理にかけたりして食べるようです。

僕が目指している、自分の牧場の牛乳を牧場内でそのまますぐ加工するスタイルは、アメリカでは先に確立されているらしく、

そこで作られたチーズを「ファームステッドチーズ」と呼んでいるよう。

村山氏は「スペシャリティーチーズ」とも呼んでいました。

スペシャリティーチーズかぁ、僕もそのうち、そう名乗れるチーズが作れるように、、、

。。。

次の講演は、カルピジャーニ・ジェラートユニバーシティ インストラクターの カッペリーニ・パオロ氏による

イタリー食文化」です。

チーズの話ではなく、イタリアの食文化をレストランでコース料理をオーダーし、いただくように想像しながら進めるものでした。

前菜のハム類、1品目のパスタ・スープ、そしてメインの肉料理・魚介類、付け合せ、パン、ミネラルウォーター、ワイン、そしてデザート。

という一連のものを紹介していくものでした。

ここで気がついたのは、僕がこの会場の席を確保するために、急いで来たため、昼食をとり忘れていたこと(>_<)空腹に耐えるのにがんばっていました(^^;)

イタリアンのコースは食べたことがないので、これはいつか堪能したいですね。

。。。

最後の講演は、帯広畜産大学畜産学部畜産生命科学分野の講師の中村正氏による、

乳・乳製品における食の安全 -ドイツでの経験から見た日本の乳製品-」でした。

中村氏のドイツでの研究中での経験の話を写真とともに紹介した後、食の安全についてのお話でした。

ドイツはユーロで一番の酪農の国、そしてフランスよりもチーズ生産量が多い国です。

ドイツと日本の考え方の違いなど、参考になりました。

。。。

講演後は「十勝ガーデンズホテル」にて懇親会。

主に十勝のナチュラルチーズ数種や、アイス、プリンの試食、それにホテルのシェフによる地元チーズを使用した日本人の嗜好に合わせた料理を囲んで行われました。

村山氏からのフランスチーズ「フロマージュ・フォール」(直訳すると、「イカれたチーズ」らしい)という、とろとろの液状で、耳掻き1杯分で、口の中がブワっと独特のにおいと刺激が走る強烈なチーズもいただけました。

懇親会が始まると、僕はあまりの空腹に、まずはとにかく食べる食べる、、、。

そして、ある程度おなかが満たされて、さて、と思ったときには、皆がそれぞれ話が盛り上がっていて、ちょっと輪に入れずにオロオロしていました(>_<;)

でも、その後はなんとか、たくさんの方と名刺を交換し、いろいろな話をしました。

チーズ作りの先駆けの方々、酪農家の主婦の方、それに、鹿児島から来られた僕と同じ酪農後継者で同年代の方、、、いろんな方と会い、話が出来てとても楽しく、充実した時間となりました。

まだ話したいところでしたが、お開きに。翌日の実習に参加される方はそのままホテルで泊まれるのですが、そこでも交流があると思うと僕もずっと参加してしたい気持ちでいっぱいでしたが、しょうがなく、ホテルを後にし、そのまま夜の日勝峠を越え札幌に行きました。

。。。

ps.この会に参加するにあたって、十勝野フロマージュの専務さんにはお世話になりました。とても親切な方で、よくしていただきました。ありがとうございました!

|

« 半田ファームにて | トップページ | 札幌にて買い物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 半田ファームにて | トップページ | 札幌にて買い物 »