« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »

2007年9月の記事

2007年9月25日 (火)

うれしい贈り物

長いこと外出し、帰ってきていつもの酪農生活に戻りました。

そこに、僕宛の宅急便が、、、

見ると友人からです。

その中身は、なんと道内で作られているナチュラルチーズ!

お礼の連絡を入れると、友人は僕への応援の気持ちで送ってくれたみたいで。

本当に嬉しくなりました。自分のためにチーズを買って送ってくれるその気持ちが、大きな励みになります。

早速試食です。以前十勝に行った時に、ブログ友のみもりの里のかあちゃんからいただいたチーズと、蔵王で買った乳製品とともに食べてみることに

Cimg1731_3 チーズを食べ比べ、その味から、自分のチーズ製造への糧にできることも大きな意味がありますが、

友人をはじめ、自分を応援してくれる周りの方々の気持ちが、自分の大きな原動力となっています。

それは前へ進もうとすればするほど、大切なものだと実感できます。

チーズを送ってくれた、あなたへ。本当にありがとう!

| | コメント (6)

2007年9月23日 (日)

ディスクドッググランプリ第10戦in箱根牧場

チーズの研修を終えて、そのまま千歳市の箱根牧場へ。

お世話になっているテイネドッグスクール主催のディスクドッグ大会に参加するためです。

ちょっとハードな日々ですが、それよりも親から外出の機会をもらっている分、休日を満喫!

天気も良好!犬仲間の皆やいつもの大会参加者とひさびさに会えて、楽しい気持ちで大会をできました。

出場した時に、参加者のらんく印さんが、うちの結花の写真を撮ってくれました(^^)

_002a_2 _003a

_004a _005a 結果は、1R16ポイント、2R17ポイント。計33ポイントでダメでした。

ディスクの距離を伸ばそうと、力みすぎて両ラウンド1投目、2投目に暴投をしたのが敗因(>_<)

欲がでるとよくないですね、、、

今回はオープンコートの主にジャッジなど運営に徹していたので、前回のように写真を撮るとこはできませんでした。

そして、チーズ研修で実習の際に作ったさけるチーズを、数本持ち帰ってきたのですが、それを参加者の皆に食べてもらいました。

皆から「おいしかったよ」と声をかけてくれて、嬉しい限りですね!またの大会でチーズ持ってこようかな(^^)

次回は今期最後の大会になります。10月13,14日に手稲区で開かれます。

楽しみですね~、いつも大会でご一緒の皆さん、最後の大会もよろしくお願いします。

| | コメント (2)

2007年9月22日 (土)

ナチュラルチーズ製造技術研修

  さて、長いこと空けていましたが、その間とても充実した時間を過ごしていました。

社団法人中央酪農会議の主催の元、宮城県の蔵王酪農センターにて、5泊6日でナチュラルチーズ製造技術研修が行われ、参加して来ました。

毎年、そして年に数回行われて続けているこの研修は、講義・実習にてチーズの基礎を学べる機会です。

これに町から案内が来たので、喜んで応募しました。

定員が10名程度ということで、少人数集中型となっています。

(ちなみに今週は20名で2泊3日の、これより大人数でさらに短期の研修もあります)

応募者多数の中からの選考により、無事に選ばれ、16日に蔵王酪農センターを目指し出発しました。交通手段に悩みましたが、内地を車で走ったことが無いので、電車ではなく車で向かいました。

途中青函フェリーに乗って、片道の走行距離は550kmになりました。それに行きは無理して高速を使わないでドライブ気分で走りましたが、北海道より道が細くカーブ、信号、渋滞が多いので、北海道感覚での目的の見積もりより2倍の時間がかかり、途中車中泊をしつつ、あまり寄り道もできず、結局17日の朝、研修開始ギリギリにつきました(^^;)

さぁ、17日から22日までの研修の始まりです。

集まったのは12人。そのうち9人が20代、しかも同い年が4人と、同世代が多く、さらに北海道からも半分の6人が参加でした。

農家は少なく、僕と新規就農予定の方のみで、他は乳業会社など、企業に属されている方が多かったですね。

1日目 

 午前・ナチュラルチーズ製造の基礎

 午後・チーズ製造における機械(工業向け)

2日目

 午前・チーズ製造におけるコンプライアンスについて

 午後・チーズ製造の基礎科学

 夕方・酪農乳業の情勢等について

3日目

 ゴーダチーズ製造実習

4日目

 モッツァレラチーズ(さけるチーズ)製造実習

5日目

 復習 ゴーダチーズ製造

 夕方・チーズの国際規格と官能検査

6日目

 テスト アンケート 質疑応答 修了式

という内容の元、研修を受けてきました。

このようなチーズに集中した講義、実習は初めてなので、とても身になるものでした。

そして、遅くとも6時に研修は終わるので、その後は毎晩宿泊施設で、深夜までみんなで飲み明かす毎日でした(笑)

(山奥で外に何も無い所なので、常に宿泊施設にとどまっていました(^^;)

研修にて知識を深めることももちろん意義があることですが、同等に参加者同士の横のつながりを深め、今後の互いのコミュニケーションのきっかけとしても、主催者側も考えているようで、

この研修の一環で、皆がいつでもコンタクトをとれるように主催者側が連絡先を取りまとめてくれました。

それに皆とも5夜も飲んで話して親睦を深め、最後にはなんだか名残惜しいまま研修を終えました。でも、1年後くらいにはまた皆で集まる機会をつくろうと約束をしたので、その頃には、それまでの成果をまた話せることが今は楽しみとなっています。

。。。。。

実習中の写真はアップできないので、施設の写真を、、、

Cimg1725 宿泊施設の蔵王高原荘です。

Cimg1726 実習で入ったチーズ製造所です。

Cimg1727_2 チーズや乳製品やお土産のショップです。

Cimg1728 蔵王酪農センターより山の上2km先にある蔵王ハートランドです。

牧場の中にふれあいできたり、広い芝生があったり。

これはその中のショップと食品加工体験などの施設のようです。

。。。。。

22日の昼に研修は終了し、帰りは高速で青森に直行しました。

夕方には青森に着き、フェリー乗り場へ。

その時に見た夕日が、初めて車で訪れた本州からの贈り物のような気がするくらいキレイでした。

Cimg1729_2

Cimg1730

| | コメント (6)

2007年9月17日 (月)

お知らせ

ただ今、僕は宮城県の蔵王酪農センターにて土曜日まで研修に取り組んでいます。
コメント、メール等の返信が遅れますが、よろしくお願いします。

| | コメント (4)

2007年9月14日 (金)

子ヤギの名前と、秋の放牧地

Cimg1579 子ヤギたちは、日中は外につないで青草を、食べて食べて寝て食べて・・・と過ごし、夜は、小屋の中でお休みな日々を送っています。

とにかく小さい体なのに、お腹がパンパンに驚くほどふくれ上がるまで、よく食べます。

それも、草の選り好みもせず、牧草から雑草までなんでも。すばらしくタフです。

最近触ってもおとなしいくらいに慣れてきて(最初は逃げ惑っていた)

夜に帰る小屋の場所を覚え、自ら走って小屋に入ります。

そんな子ヤギたちの名前を決めました!

写真でみて、左が「あずき」。右が「こむぎ」です。

区別つきにくいですが(^^;)角がとがっている方が「こむ

こむぎより何でも積極的な「あず」です。

うちの牧場にこられた際は、かわいがっていってください(^^)

。。。。。

あと、最近の写真を~

Cimg1580 10日、乾乳牛の放牧場で「ユキ」ちゃんが出産していました。子供はオスなので、うちに長くはいませんが。

見つけたとき、親子とも仲良く元気にしていたので、安心して迎えに行き、ユキを牛舎へ、こっこをカウハッチ(個室)へ連れて行きます。

だいたいはこっこを連れて行けば親も気にして、ついてくるものなんですが、

僕が迎えに行ったとたん、

「あぁよかった、後はお任せします~」ってユキはこっこをほったらかし、草を食べるのに夢中(>_<;

しゃあない、こっこだけでも先に連れて行くか、と思うと

「僕もう疲れた、あとはよろしくね~」って、さっきまで走っていたのに、寝転んで歩く気すらなし( ̄□ ̄;

結局、子牛を乗せる台車を取りに戻り、全て人任せな親子でした(笑)

Cimg1581 秋の始めの放牧風景。

でも今年は例年よりも、暑い秋な気がします。

一昨日から、3番牧草の収穫を始めました。

Cimg1582 天高く、牛たたずむ秋。

モデルは、もうおばあさんの「クック」ばあさんです。

Cimg1583 牛舎と堆肥舎と放牧地。

群れで固まって暮らす。そんな姿がめんこい(^^)

よしよし、草食っているな~。

これで草を食べないで寝てばかりだと、めんこくなくなります(笑)

牛は食べることが仕事ですからね。

| | コメント (6)

2007年9月 7日 (金)

小学生の社会科見学

Cimg1512 今朝8時半ごろに、町の小学生たちが、社会科見学として、うちの牧場に来ました。

3年生で、丸1日いろんな所を見て回る中のひとつです。

あいにくの台風接近中で、強風の中でしたが、かろうじて雨が無かったので一安心。

一昨日から、牛舎の中まで案内するので、牛舎内のくもの巣やほこりを払ったり、拭き掃除で少しは牛舎をキレイに。溜まりに溜まった汚れもあったので、いい機会ですね。

まず父から牧場の仕事や、我が家のことを説明した後に、僕が牛の近くで搾乳体験の説明。そして1人ずつ牛の乳搾りをやってみます。

Cimg1515 Cimg1514

体験牛は急遽決まった「チナツ」です。

体験し終わった子達から、牛と触れ合ったり、直接僕に質問をたくさんしてきたり。

その後、実際にチナツにミルカーをかけて、その牛乳がパイプラインを流れるのを見て、その先のバルククーラーの中の2日分(約1300kg)の牛乳を見て、みんな驚いていました。要所要所でいいリアクションしてくれるから、こっちも楽しくなってきます(^^)

そして、残りの時間で、我が家の仲間たちとふれあい!

子牛にポニーの小太郎、羊のまっくん、子ウサギに、新しい仲間の子ヤギ。子供たちは思いのままあっちへこっちへ、、、ちょっと収拾つかなくなってきました(^^;)

Cimg1516_2 子ウサギと、

Cimg1517 子ヤギです。

最後に少しだけ質問の時間を設けて、次の場所へ出発。

あっという間の1時間でした。

ホントは時間を余すんでないかなと思って、親がトラクター試乗(止まったままで)を提案して準備もしたけど、それをカットしても、まだ時間が足りないような気もしましたね。

あと、中には自分ちも酪農している子供もいるので、普通の子じゃ聞かないような突っ込んだ質問をする子も。たまにうろたえます(笑)

いい子ばかりでした。動物が好きで、素直に人の話を聞けて、元気で。

僕らも楽しい機会でした(^^)

| | コメント (8)

2007年9月 4日 (火)

またまた十勝へ

またまた更新が滞ってしまってすいません(>_<;)

前回の更新が27日かぁ、、、よぉし、それからのことをバーっと書きます!

28日、2番草の最後の草地の刈り込み。チモシーという種類の草がメインの畑です。この草は発育が他の種より若干遅いんですね。

雑草も多い畑で、ちょっと収穫量と質が気になります・・・そして夜は皆既月食が!

ちょうど夜の搾乳中の時間から見られるようで、搾乳後の7時半頃、放牧のために牛を追ったその先で、赤黒くぼんやり光る月食を見ることが出来ました。

29日、一番年が近い、近所の先輩酪農家から「うちに来ている実習生にチーズ作りを教えて欲しい」と依頼され、快く引き受けました。

草は親に任せ、実習生4人と、1日で作れて、作った実感があるチーズということで、ストリンチーズ作りを。でも、実はストリングチーズはまだ3回ほどしか試作したことがないので、教えるというよりは、皆で作ったようなものです。

実際に体験したのが、レンネットからカット、攪拌、マッティング、サイジング、ストレッチテスト、そして練りこみです。うまく出来て、チーズすべて持って帰りました。合わせて3kg、、、多すぎて食べるの大変だろうなぁ(^_^;)

先輩酪農家の奥さんから、代わりに手作りうどんをいただきました。シソの葉を練りこんであって、冷やして食べると、夏にピッタリ!美味しくペロっといただきました。

30日、親たちが函館に出かけたので、留守番、、、

31日、この日は朝一からモッツァレラ作りを。理由は十勝へ行くため、その先々で配ったり、近所の方に配ったりというためにです。前回がまだ少し柔らかい出来な気がしたため、少しかためをイメージして。でも結果は、、、逆に少し固め、ちょっとボソボソした食感で、、、(>_<)やっぱり難しいな、、、

昼過ぎに出かける準備をして、結花と子ウサギを連れて、いざ十勝へ!

9月1日、最初の目的の「共働学舎 新得農場」へ

場内を、十勝チーズ工房めぐりツアーの方々とともに見学し、ツアーが終わったあと、代表の方と夜まで、チーズのこと、経営・工房のアドバイス、新得農場のこと、いろんな話をし、有意義で有難い機会となりました。そしてご好意に甘え、夕食と寝床もいただき、胸いっぱいの一日です。

Cimg1492 カフェ・ショップなど憩いの場「ミンタル」

Cimg1493 その中で販売されているチーズたちです。

2日、ブログで知り合った十勝の肉牛農家の「みもりの里」のかあちゃんの牧場へ。

http://soramame07.exblog.jp/

ヤギが欲しいな~と思っていたところ、子ヤギを2頭を譲ってくださるということで、喜んで伺いました。

初めてかあちゃんさんにも会い、旦那さん、お子さんのぷっち君にも会い、まず場内を案内させてもらいました。

とにかく自分たちで作ったカウハッチ、プレハブ、動物小屋と、すばらしい出来のものばかり!すごい、、、もちろんたくさんの牛・豚・鳥・牛・ヤギなどの仲間たちにも見とれましたが、建物作りの技術は、僕も身に付けたいなぁ、と感動。

そしてゆっくり話をしながら、昼食までご馳走になりました。ありがとうございます!

一緒に連れてきた子ウサギは、みもりの里に譲るために連れて来て、差し上げました。ぷっち君も喜んでくれたみたいでよかった(^^)

名残惜しくも、昼過ぎに出発することに。なんせ車で7時間ほどかかるので、、、

子ヤギを車に積んで。この時さすがに母ヤギ、子ヤギともたくさん大声で鳴いていました。少し心苦しくありましたが、、、

出発の時にたくさんのお土産までいただいちゃって、本当にありがとうございました。

この時のことがみもりの里のかあちゃんのブログにもあるのでぜひ見てください。

いざ出発すると、意外と子ヤギたちはおとなしくなりました。ウンチシッコがちょっと臭うので窓を開けて。途中、道の駅に休憩で寄ると、また子ヤギたちが高い大きな声で「メェ~~~ッ!!」と鳴くのです。周りの方が不思議そうに僕の車を見ているのを感じました(^^;)

そして夜10時半ごろ無事に家に着きました。

3日、子ヤギたちは親たちにもかわいいと好評!僕もとてもかわいく感じます。とりあえず犬用の多きいゲージのなかで2頭過ごさせながら、たまに外につないだり、散歩しています。

Ca350033 Ca350034

とにかくよく食べる!あちこちでどんな草でも食べまくる!小太郎が近くに寄っても、小太郎は興味があっても、子ヤギたちは草に夢中。

まだ人間には、少し馴れていなくて、さわりに近寄ると、引いてしまうんですが、時間をかけてゆっくり人間に馴れて、ゆくゆくはお客さんとふれあえたり、放牧地の雑草を食べたりするように馴らしていきたいですね。

まだ、名前は決まっていません。どうしようかな、、、

| | コメント (13)

« 2007年8月 | トップページ | 2007年10月 »