« またまた十勝へ | トップページ | 子ヤギの名前と、秋の放牧地 »

2007年9月 7日 (金)

小学生の社会科見学

Cimg1512 今朝8時半ごろに、町の小学生たちが、社会科見学として、うちの牧場に来ました。

3年生で、丸1日いろんな所を見て回る中のひとつです。

あいにくの台風接近中で、強風の中でしたが、かろうじて雨が無かったので一安心。

一昨日から、牛舎の中まで案内するので、牛舎内のくもの巣やほこりを払ったり、拭き掃除で少しは牛舎をキレイに。溜まりに溜まった汚れもあったので、いい機会ですね。

まず父から牧場の仕事や、我が家のことを説明した後に、僕が牛の近くで搾乳体験の説明。そして1人ずつ牛の乳搾りをやってみます。

Cimg1515 Cimg1514

体験牛は急遽決まった「チナツ」です。

体験し終わった子達から、牛と触れ合ったり、直接僕に質問をたくさんしてきたり。

その後、実際にチナツにミルカーをかけて、その牛乳がパイプラインを流れるのを見て、その先のバルククーラーの中の2日分(約1300kg)の牛乳を見て、みんな驚いていました。要所要所でいいリアクションしてくれるから、こっちも楽しくなってきます(^^)

そして、残りの時間で、我が家の仲間たちとふれあい!

子牛にポニーの小太郎、羊のまっくん、子ウサギに、新しい仲間の子ヤギ。子供たちは思いのままあっちへこっちへ、、、ちょっと収拾つかなくなってきました(^^;)

Cimg1516_2 子ウサギと、

Cimg1517 子ヤギです。

最後に少しだけ質問の時間を設けて、次の場所へ出発。

あっという間の1時間でした。

ホントは時間を余すんでないかなと思って、親がトラクター試乗(止まったままで)を提案して準備もしたけど、それをカットしても、まだ時間が足りないような気もしましたね。

あと、中には自分ちも酪農している子供もいるので、普通の子じゃ聞かないような突っ込んだ質問をする子も。たまにうろたえます(笑)

いい子ばかりでした。動物が好きで、素直に人の話を聞けて、元気で。

僕らも楽しい機会でした(^^)

|

« またまた十勝へ | トップページ | 子ヤギの名前と、秋の放牧地 »

コメント

今まで牛乳が飲めなかった子でも、牛と触れ合ったり搾乳体験することで飲めるようになる、ってことは多いみたいですよね!!!(もちろん他の食べ物でも♪)だから子供達のこういう経験はすっごく大切なんですよね☆
その一役を担えるなんて素晴らしいわぁ♪
なによりみんなが楽しそうだったのが◎ですね☆

投稿: くぅぴ | 2007年9月10日 (月) 12:23

くぅぴさんへ

そうなんですか!?知らなかったです。そうなら、こういった体験を通して、少しでも牛乳や食に対してのイメージがよくなると、本当にやりがいがありますね(^^)
くぅぴさんの言うとおり、これからも経験をさせることを大切にしていきます。
やっぱり、子供の笑顔は大人まで笑顔にする大きなパワーを持っていて、こっちまで楽しく出来ました。

投稿: ケンゴ | 2007年9月11日 (火) 20:22

子供たちが自然に触れ合える場所が身近にあることは、とてもいいことだと思います。
うちの近くにも牧場あるけど、
牛の乳搾り体験はお金をとられるし、他の動物たちもおりの中で気軽に触れることは出来ません。
で、海の景色があって・・
やっぱり瀬棚は最高です!!

投稿: あかり | 2007年9月12日 (水) 13:25

あかりさんへ

コメントありがとうございます。
そうですね、せたなは都会からは本当に遠くて、不便もたくさんあるけれど、反面、いい所もたくさんありますね!
海や山や動物などの自然から、心を養うことができることも大切なことだと思います。
まだ、子供たちやお客さんに提供できることは、この環境でお金をかけなくても工夫でできる事って、もっとたくさんある気がします。
ただ、僕らが気づけずにいることがたくさんで、、、
いろんな人からヒントやアドバイスをもらって、もっとできること、叶えたいと思います。

おっと、ちょっと長く語ってしまいました(^^;)
北海道に来られる時に、もし時間があればうちの牧場に寄ってみてください(^^)

投稿: ケンゴ | 2007年9月12日 (水) 23:29

身近に見る牛の大きさに子供達もビックリした事でしょうね。
私の所属する農協青年部でも年に1回「親子農業体験」をやっているのでケンゴさんの気持ちわかりますー!
最初は「臭い②」ばっかり言っていた子供達もみるみる目をキラキラさせて説明を聞いてくれたりしますよね。
 
最後の質問コーナーで、
「なんで牛はモーと鳴くんですか?」
と聞かれ、私達青年部員は、
「・・・・・。」
となってしまいました(笑)

投稿: Tain | 2007年9月13日 (木) 23:18

こんにちは。
子供たちと過ごす時間ってあっというまですよね。

ヤギたち喜んでもらえてよかったです。

この時間に搾乳体験ってこの日だけ搾乳時間ずらしたのですか?

投稿: みもりの里のかあちゃん | 2007年9月14日 (金) 07:32

Tainさんへ

へぇ!青年部でそういう活動もしているんですか!?いいですねっ!楽しそう(^^)

そこで、そんな質問(笑)
観光牧場で働いて、いろんな子供に体験&質問を受けましたけど、
その質問は一度も無いですね(^^;
なんでモーって鳴くんでしょう?
深く考えたこと、ないですよね~(笑)

投稿: ケンゴ | 2007年9月14日 (金) 23:47

みもりの里のかあちゃんさんへ

ヤギたち、子供たちにも人気でしたよ~、青草を取ってはあげたりしていました。
まだヤギはうちに来たばかりなんで、ヤギのことを考え、柵ごしのふれあいにしましたが(>_<;

搾乳は、いつもどおりの朝7時からチナツ以外を搾乳して、チナツを残して放牧して、子供たちが来るのを待っていました。
搾乳時間はずらせられないし、牛がいっぱいのところに子供たちも来たら、ンコが飛び散ったり、目を放した隙に事故があるかもしれないので。

投稿: ケンゴ | 2007年9月14日 (金) 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« またまた十勝へ | トップページ | 子ヤギの名前と、秋の放牧地 »