« DDGPファイナル | トップページ | 日本の、これから 「どうする?私たちの主食」 »

2007年10月17日 (水)

スーパーハウス

工房の設立に向けて、前回より砂利の地ならしをし、排水溝を掘って塩ビ管を取り付けた所まで進めて、

今日、工房の基礎となる建物を搬入しました。

それは中古のスーパーハウスです。

業者に委託して建ててもらう。一から全て自分たちで建てる。など、いろんな手段を検討しました。費用や時間や衛生面、全ての要素を加味して考えた末、スーパーハウスを利用することにしました。

アイス・ケーキ製造所にショップにプレハブを利用していることもあり、同じようにというところもあります。

Cimg2194 Cimg2195

今金のナガワよりトラックで搬入、この大きさのものが3つ分です。

実際に設置してみると、スーパーハウスの縁に出ている金具が邪魔で予定場所に置けない。

自分たちで均した土台が微妙に水平でない。などをその場で気づいて修正しつつ、朝10時から夕方5時までかけて設置できました。

Cimg2197 このようになりました。

これから内外装を施します。

この作業の間、母牛の「マスコット」が予定日より10日早く産気づき、産まれたのが

Cimg2190_2 ちっちゃなオスの子。これは双子かもって父が言い、子宮に手をいれ確認するともう一頭確認できました。

そして1時間後に

Cimg2189 もう一頭、オスの子が産まれました。

双子の出産の場合、母牛への負担も大きいのですが、今の所問題なし。

マスコットはうちの牛の中でもトップクラスの能力のある、良い牛なので、メスの後継牛が欲しかったんだけどな(^^;)

Cimg2192_3 この子は1週間前に産まれた「チーベ」のメスの子。

今回の双子のオスよりも、平均的なメスの子よりもかなり大きくなってから産まれました。

|

« DDGPファイナル | トップページ | 日本の、これから 「どうする?私たちの主食」 »

コメント

どんどん形になっていっていますね。
プレハブ三連だと大きいでしょうね~。
工房の出来上がり楽しみにしています。

投稿: みもりの里のかあちゃん | 2007年10月22日 (月) 20:48

このプレハブの中に製造室、熟成庫、包装室など全てまかなう予定です。
作りながらああでもないこうでもないって考えながら、苦戦しながらも楽しみながら形にしていきたいですね!

投稿: ケンゴ | 2007年10月24日 (水) 00:51

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« DDGPファイナル | トップページ | 日本の、これから 「どうする?私たちの主食」 »