« スーパーハウス | トップページ | 紅葉 »

2007年10月20日 (土)

日本の、これから 「どうする?私たちの主食」

という番組が今日、NHKにて夜7時半から放送されます。

内容の文章を転載します

「日本の、これから◇輸入食品の急激な増加と自給率の低下で、さまざまな影響が出てきた日本の食の在り方を考える。

戦後、日本の食生活は急激に変化し、以前は高根の花だった牛肉やマツタケがスーパーにあふれるようになった。豊かな食を支えているのは輸入品。

その結果、日本の食料自給率は先進国の中では最低の水準となってしまった。そんな中、世界有数の食料生産国オーストラリアとの間で自由貿易協定(FTA)交渉が始まっている。

互いに輸入品の関税をなくし貿易を活性化することを目的とするFTAをめぐり、工業製品を輸出したい経済界や、自給率のさらなる低下を危惧(きぐ)する農林水産省やJAなどの間で議論が分かれている。」

自給率39%。全食料のおよそ1/3が残飯となる国、他国に食を依存しつつ何か矛盾を感じる食への意識。

自給力は自活力、だと僕は思っています。その根底にある、農、畜、水産について、何かこの番組で得られるかな。興味のある方は是非見てみてください。

|

« スーパーハウス | トップページ | 紅葉 »

コメント

新聞見て、番組あるのしってたんだけど、用事があって見られなかったんだよねぇ。
ほんと、日本は輸入に頼ってるから心配!だから私は「農」に興味を持って、北海道に行ったんだよね。
将来は出来る限り自給自足したい………けど、それが難しいんだね。

投稿: くぅぴ | 2007年10月21日 (日) 19:08

私も気になっていました!その番組!
前日の地域発!どうする日本「食と農をつないでいくには」は見たのですが、昨日はセ・リーグのCS中日対巨人を見ちゃって。。。でも「どうする?私たちの主食」はちゃーんとビデオに録画しましたー。
 
近いうちに見てみます!

投稿: Tain | 2007年10月21日 (日) 22:41

くぅぴさん

番組を見てみて、食と農の考え方は、農家や消費者など、人によってさまざまだということですね。
日本の経済力のために日豪EPAは進められていますが、日本の食と文化と環境の保全に農業は欠かせられないと思います。
土に触れ、生物の恩恵を受け、食を五感で感じることで、人、特に子供は学ぶことは多いはず。
農業を大事にしてゆきたいですね。
くぅぴさんのように自給自足を目指すことって大事な気持ちだと思います。将来実現できるといいですね!お互いがんばって行きましょう(^^)

投稿: ケンゴ | 2007年10月24日 (水) 00:44

Tainさん

「食と農をつないでいくには」は知りませんでした(>_<)見ときたかったなぁ
この番組に、放牧研究会仲間の酪農家の小栗さんが参加しているので、Tainさんも見てみてください。
日本シリーズは中日とですね~。
できたら小笠原のいる巨人と当りたかったなって思います(^^;)

投稿: ケンゴ | 2007年10月24日 (水) 00:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スーパーハウス | トップページ | 紅葉 »