« スーの出産 | トップページ | 苦戦 »

2007年11月 8日 (木)

雑草食牛

Ca350052 朝、放牧地へ向かう途中の道端にある笹を食べる「リンダ」

普通の牛は、柔らかくて味のいい牧草を選り好みながら食べるので、伸びすぎて固くなった牧草や、雑草などは食べないんですが、

この子は、固い牧草も雑草も、笹も木の葉も見境いなく何でも口にします。

放牧地へ行く道ではいつも寄り道しすぎて、一番後ろにいます(^^;

腹さえ壊してくれなければ、勝手に生えてる草を食べてくれると、餌代が安上がりに済みますね~(^_^)g

でも、これが本来の牛の姿というか、生命力にも見えますね。

もともと酪農は、人間が食べられない草が多い場所で、その草を家畜が食べて、乳に変えて人間の糧になって、発達してきたもの。穀物の飼料が高騰し、限りある資源を見直すと、こんな笹や雑草のカロリーまでも、牛乳に変えるような牛で原点回帰することも、ひとつの酪農の将来性なのかもしれないと僕は思います。

|

« スーの出産 | トップページ | 苦戦 »

コメント

原点に帰るって、大事なことですよね。
忘れると大きな間違いを犯してしまいます。

投稿: はたかおり | 2007年11月10日 (土) 19:00

はたかおりさん

そうですね。何事も原点にこそ本質があると思います。それを忘れず、見失わずに心がけていきます。

投稿: ケンゴ | 2007年11月10日 (土) 21:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« スーの出産 | トップページ | 苦戦 »