« 佐呂間・興部にて | トップページ | 札幌 雪印にて研修会 »

2008年3月30日 (日)

床の施工とチーズバット納入

Cimg2938 僕にとっては、慌しくあっという間のようで長いような今月、気が付けばもう月末ですね。

ブログを書くことがあまりできずにいましたが、加速的に暖かくなって、もう親牛たちを外に出しています。

とはいえまだ放牧地の草はほとんど食べられないので、運動と日光浴しながら、ロールの草を食べさせています。

う~ん、気持ちがよさそう!

。。。。。

チーズ工房づくりは僕が研修に出ている間も進んでいました。

業者の方に製造室の床と壁にモルタルを施工してもらっていました。

それが仕上がったのが14日。僕が帰ってきた16日にはほぼ硬化していました。

翌日17日は水道管の施工、そして18日の朝、チーズ製造にかかせない「チーズバット」とボイラーを納入しました。

発注から全てを担ってくれた方の指示のもと、まず搬入を業者の方が行い、その後ボイラーの業者が水道からの配管と設置をしました。

夕方まで作業は続き、僕は所々立ち会いながら、こちらの都合に合うよう細かい所の要望を伝えました。

Ca390044 そうして仕上がったのがこちら。

中央がチーズバット。250リットルの容量のものです。まだ保護のため青いフィルムは貼りっぱなしで。

背面の左手がボイラー、右手が循環タンクです。

循環タンクから水がボイラーへ送られ、ボイラーで沸かしたお湯が2重構造のチーズバットの外側の内部(ジャケット)へ送られ、チーズバットを温め、その湯が循環タンクに戻る構造です。

これで生乳を加熱し、低温殺菌をし、その後このチーズバットの中でチーズ製造も担います。

翌日19日に試運転。その結果、ちょっとボイラーのお湯の温度が足りないので、今はまだ調整中です。

このチーズバットの納入が前々から決まっていて、製造室の出来をこれに間に合わせなければならなかったので、3月始めあたりから切羽詰った状態だったんです(>_<;)

そして、ぎりぎりセーフでここまでこぎつけました。納入後に大きな安堵感から、一端落ち着き、工房づくりも休止して、酪農作業や、身の周りの掃除や整理などをしていました。

そして24日に再開。この日は熟成庫と包装室の床のモルタル施工です。

午前中は下準備をし、午後から施工。昨年12月にコンクリートの下地施工をしたときと同じように、地元の生コン屋に依頼し、モルタルを持ってきてもらい、

僕と親だけでは人手と技術不足のため、左官作業に慣れている酪農家仲間の方に手伝ってもらいました。

作業は僕が一輪車でミキサーから生モルタルを運び流し、父が大まかに均し、母と酪農家仲間の方で細かく均してもらいました。

仲間の方は、なんと作業に合わせて道具を手作りで持ってきてくださり、それを使って、見事にキレイに均していきます。この方がいなかったらきっと上手く出来なかったでしょう。

ありがとうございました!

作業も2時間ほどと、スムーズに終えることが出来ました。

Ca390045

|

« 佐呂間・興部にて | トップページ | 札幌 雪印にて研修会 »

コメント

着々と進んでますね~
酪農家さんって、ほんと何でもできますね。
チーズバットって専門の機械があるんだ~
家庭でやると、温度を保つのが大変そうでした。
若妻で定期的に、チーズ講習をする事になりました。

投稿: おーこ | 2008年3月31日 (月) 13:14

すごいですね!!いつ完成するのですか?完成したら遊びに行きます。
またゆかちゃんに会いたいです☆

投稿: まっしゅ | 2008年3月31日 (月) 14:24

あとどのくらいで完成するんですか??
楽しみですね(#^.^#)

投稿: くぅP | 2008年3月31日 (月) 15:31

 スゴイ!!建築 機械にどれぐらいの費用がかかるのですか?

投稿: otama | 2008年3月31日 (月) 18:06

もう少しですね。こちらまでとても楽しみになります。
otamaさんと同様・・・費用が気になります。
如何ほどかかるの?
やっぱり、チーズバットで作りたい・・・
という希望は捨てられないもので。(笑)
40リットル用のチーズバットは、お手頃なんだけどなかなか見つからないので
どうせなら200リットルくらいがいいかな・・・なんて考えてます。

投稿: 髙木ファーム | 2008年3月31日 (月) 22:37

良い感じで進んでますね。

 うちも今月、牛舎のボイラーを入れ替えます。
今のパイプラインとバルクでは温度が足りません。
普通のボイラーは82℃位らしいですが、リモコン
変えたら90℃まであがるらしいですね・・・。
時代は進んでます。

毎日、忙しいと思いますが更新楽しみにしてますよ。

投稿: 佐呂間の牛飼い | 2008年4月 1日 (火) 11:35

おーこさん

酪農家って僕が思うに自力で物事をするのが好きなように感じます。
チーズバットは小規模工房には欠かせないものです。
生乳殺菌の設備は、保健所からの許可が通るものとなるので、チーズバットが適当になります。
そちらでも奥さん方でチーズ作られるんですね!
ぜひ、楽しんで作ってください!(^▽^)

投稿: ケンゴ | 2008年4月 2日 (水) 21:25

まっしゅさん

あれからだいぶ完成に近づきましたよ。
でも、正月の時に言った予定よりも押しているので(^_^;)
完成して開業になるのは7月の予定です。
また遊びにおいで~!

投稿: ケンゴ | 2008年4月 2日 (水) 21:27

くぅPさん

建物が出来るのは5月いっぱいには、、、という所です。
なかなか思ったとおりにスムーズに進まないものなんですが(^_^;)少しずつ進んでいますよ~!

投稿: ケンゴ | 2008年4月 2日 (水) 21:29

otamaさん

いやいや大した事ないですよ~。
費用に関しては、個人的に改めてメッセージします。

投稿: ケンゴ | 2008年4月 2日 (水) 21:32

髙木ファームさん

費用の件はメールでお話しましょう!
改めてメールします。
僕の知る限りでよければ、いろいろ参考に出来ることはお話します(^^)

投稿: ケンゴ | 2008年4月 2日 (水) 21:35

佐呂間の牛飼いさん

90℃まで上がるんですか!?沸騰に近いくらいですね。
工房のものは家庭用のサイズでして、「昨今は温度が上がりすぎることに対してシビアだ」と業者の方が話していて、
リミッターが75℃でした。
31日にこの基盤を取り替えて、80℃以上に上がるようになったところです。

投稿: ケンゴ | 2008年4月 2日 (水) 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 佐呂間・興部にて | トップページ | 札幌 雪印にて研修会 »