« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »

2008年7月の記事

2008年7月25日 (金)

小学校の社会科見学

ちょっと記事にするのが遅くなりましたが、先週の18日の朝、地元の小学3年生の社会科見学として、生徒と先生方が牧場に来られました。

バスで到着して、父から簡単な牧場の説明の後に、実際に見て、触れて、感じてもらえるように、見学ではなく「体感」してもらえたらと思い、最初は搾乳体験!

Cimg3617

朝作業を終えた後なので、親牛たちは放牧地へ出していますが、体験用に2頭だけ乳を搾らずに牛舎に残し、その牛舎で体験。

なるべくおとなしい年寄り牛で体験しました。こういった体験学習は、以前勤めていた教育ファーム認定の箱根牧場で、よく学生に説明していたので、なれている所もあるので、僕が対応するつもりだったのですが・・・

子供たちを連れて、いざ親牛の前で説明開始ってところで親牛に触れながら話し出したその時!

うんこかけられました(笑)しかも胸から足までベットリ。

やむなく退場です。あぁお恥ずかしや(^o^;)

その後は親に説明を任せて、子供たちに手で牛の体やおっぱいに触れ、牛乳を搾ってみてもらい、

その後は、「牛にありがとうってお礼に、ご飯の草をあげてね」と、サイレージ(発酵した草)をそれぞれ持って牛の顔の前に行き、給餌体験。

そして、今度は機械(ミルカー)で搾乳する様子を見て、その牛乳の行き先を追って見せて、バルククーラーの中にある、我が家の一日分の牛乳を見ました。

それから今度は場所を変えて、トラクターの試乗!

Cimg3618

といっても、運転席に座るだけですが、それだけでも喜んでもらえて嬉しいですね。

次に道路を挟んでショップ側にいる産まれたばかりの子牛に哺乳体験。

Cimg3619

最後にポニーの小太郎やウサギと触れ合って、

Cimg3620

質問を受け付けて、あっという間の一時間の社会科見学でした。

。。。。。

僕も小学生の頃の社会科見学で、我が家ではなく違う牧場と、ホタテの養殖所へ行ったことを今でも覚えています。

この子供たちも、ここで感じてもらった牛の体温や感触、何でもいいから、記憶の隅っこにでもずっと残っていてもらえたら嬉しいですね!

| | コメント (15)

2008年7月17日 (木)

チーズ工房、試作稼動開始!

すっかり子犬の話題ばかりで、いったい本業はなんなのかわからないような、ノンジャンルなブログとなっていますが(^_^;)

今日は久しぶりにチーズの話です。

6月の一番草採草までに間に合わせたかった、チーズ工房は完成に至らず(T_T)採草を終えてからは、工房の細かい所の修正や試運転をして、また修正。

特に熟成庫を冷やすのに苦戦しました。庫内に冷却ユニットなどを入れるのは自分の考えでは好ましくないので、(経費をかけずに)間接的に冷やすために、外に隣接射させたバルククーラーの冷却水をポンプでくみ上げ、庫内の天井に張りめぐらした灯油用銅パイプを通り、そこで熱を伝えて、空気を冷やしてバルクに水が戻り循環する構造なのですが、

自分で手探りの作業。どれだけのものを設置すればよいのかはやってみなければわかりません。

最初はポンプのパワー不足。次に銅パイプが短く冷えきらない。

どちらも、お金をかけないがための失敗です(^_^;)結局、24時間稼動できる水中ポンプに銅パイプ約65mで、今の熟成庫の温度は11℃前後でバッチリ!湿度も90%を維持して、理想的な環境になりました。

ただ、8月の真夏に保てるかどうかは・・・真夏になってみないとわかりません(>_<)もし冷え切らなければ、また手立てを考えます。

そうして、まだ作るべきものはあるので、チーズ工房完成とは言えませんが、試作を始めることは出来るところまでこぎつけました!

Ca390093

ほぼ完成の製造室です。

Ca390094

反対側からの見た目です。この壁のモルタルと床の塗装は自分で行いました。これで硬化剤を使う塗料の経験値もアップしました!(^^)

まだ新しい設備を使うのと、製造の流れをつかむまでにしか手が回らないので、思い通りのレシピや出来にはなりませんが。

Ca390095

手前がセミハードチーズ約6kgと、奥がハードモッツァレラ約2.5kgです。

まだまだ、これからです。

。。。。。。。。。

本日の写真。ばあちゃんの野菜畑の周りに植えたひまわりがキレイに咲きました。

Ca390096

| | コメント (14)

2008年7月12日 (土)

子犬たち、訓練所に引渡し

7月8日、洞爺湖サミットの真っ只中でしたが、僕とテイネドッグスクール双方の都合と、子犬たちのワクチンや見に来てくださる予約の方々に合わせて、子犬たちをテイネドッグスクールに引き渡しに行きました。

子犬たちをケージに入れ、様子が見えるよう助手席に置いて、いざ出発!

我が家からテイネまでは、日本海側に沿って、せたな~岩内~余市~手稲と、片道約200kmの道のりです。

サミットでもしかしたら道路が混雑しているかも・・・と思いましたが、そんなことは無く順調に3時間半で到着!

それでも、初めて外に出て、すぐに車に揺られた子犬たちは大変な思いでしたでしょう(>_<)

環境の違いに騒いで、運転開始早々に車酔いで吐いて、その後は疲れた様子でぐっすり寝て、、、初めてのことなので、これは本当に致し方ないです。せめて早く着こうと思い、休憩無しで運転するくらいです。

それでも、無事に訓練所に子犬を渡しました。

世話したかわいい盛りの子犬がいなくなるのは、やっぱり少し寂しいですが、体格もしっかりして肉付きも良い状態、全頭を無事に健康に渡せたことに、安心と満足でいっぱいです。

この先は、プロの訓練士の下で、子犬の状態を見極め、磨き、新しいオーナーの下へと向かいます。

そして、現時点では僕も1頭自分のもとへ残す予定です。

この先の子犬たちの成長の様子は、こちらからご覧下さい!(^▽^)

http://blog.livedoor.jp/togojapan/

| | コメント (8)

2008年7月 7日 (月)

一番牧草終了と子犬たち

Ca390083

ちょっと前の話からになりますが、この写真は6月28日、最後の草地の乾草ロールを縛り終えたところです。他の畑より平たい畑なので作業しやすいですね。

この畑で108個のロールが出来ました。これを翌日、トラックに積んで牛舎の2階と、D型倉庫に分けて収納します。

Ca390084

これが牛舎の2階、ロールを詰め終えたところです。トラクターでロールを5個ほど2階に置いて、それを手で押して奥から敷き詰めるのを繰り返します。

1人でこれを黙々と押して転がして敷き詰める。小さい頃ゲームでやった『倉庫版』を、体感している気がしてきます(^_^;)

これで、一番牧草の収穫は終わりです。二番牧草(一番牧草の収穫後、また伸びてきた牧草)の収穫は来週から始める予定です。

今日は草地にとっての恵みの雨が降っています。この先も雨マークが続いているので、去年辛い思いをした7月の干ばつは避けられそうかな。

。。。。。。。。。。

結花の子犬たちは、生後1ヶ月を過ぎ、とても元気で活発です。

走り回る、じゃれあう、たまにケンカもする。ふれあうと、シャツやズボンの裾を引っ張ったりと、エネルギーの塊ですね。

世話も大変な反面、とってもかわいらしい時期です。

それでは、写真で最近の子犬たちを紹介します。

Cimg3575_2

長女です。顔のスポットが目立つようになりました。人に対して懐こいです。

Cimg3578

次女です。両足にスポットが表れました。兄弟で一番小柄ですが、それを感じさせないほど機敏で活発です。

Cimg3577_2

長男です。テンションが上がった時は一番激しくはしゃぎます。

Cimg3580

次男です。おもちゃにガブリ中。気が強く、物やじゃれあいでも、執着心が強いです。

Cimg3389

三女です。兄弟で一番大きく、毛も長めです。前はおっとり系だったのですが、日に日に活発になり、今は人を見ると一番はしゃぎます。

Cimg3582

四女です。兄弟で一番鳴かないおとなしい子ですが、体ががっちりしていて、じゃれあいをしたら、力で勝つような強い子です。

Cimg3584

五女です。楽しそうに跳ね回り、よく遊びよく寝る、忙しいほど活発な子です。

おおまかな性格も書きましたが、この時期の子犬たちは日々の遊びや生活の中で性格を形成していくので、この先も心身を成長させ、性格が変わったりしますので、あくまでも今時期の書き記しとして見て下さい。

。。。。。。。。。。

最後にオマケの写真。

Ca390086

ポニーの小太郎に乗ろうとするヤギのこむぎ(笑)

| | コメント (4)

« 2008年6月 | トップページ | 2008年8月 »