« 2008年8月 | トップページ

2008年9月の記事

2008年9月17日 (水)

ブログを引越しします

このブログを始めて、2年が過ぎたところです。

実家にUターンしてすぐにブログを立ち上げ、当初は友人にならってペットと個人的な事を書いていくつもりで始めたブログでしたが、目的も今では変わり、牧場の事、チーズのことをお話しすることがメインの場になってきていました。

そして、もうすぐチーズの販売が始まるということもあり、このブログも酪農に興味がある方やチーズを食べてくださった方など、いわば消費者の方々にも広く見てもらえたら良いなと思っています。

そこで、バージョンアップも含め、ブログを引っ越すことにいたしました。

新しいブログのURLは

http://reprera.cocolog-nifty.com/blog/

となります。

ブックマーク、お気に入り登録やRSSの登録、そしてリンクをしてくださっている方々には、大変お手数をおかけしますが、URLの登録を変更してくださいますようお願いします。

そして、これからもお時間あるときにブログを読んでもらえれば嬉しいです。

| | コメント (0)

2008年9月15日 (月)

ラベル その3(追記あり)

今の試作がこんな感じです

02

とりあえず、文字バランスを変えて、ラムネさんのアイデアの背景を単色にしました。

まだ、文字の形や色や、いろいろ試してみたいし、

下の空いているスペースをどうしようかな、と言う所です。

また、よければ気軽にコメントください!

。。。。。

試作のモッツァレラも、目指しているものに近づいてきました。

Ca390216

。。。。。。

追記

ラベルに少し手を加えました

02_2

下に加えた文章は、北海道せたな サニーヘイツ(うちの牧場の冠名) 今の場所で酪農を始めた年の1968年 を書き記しました

| | コメント (5)

食品微生物管理技術講習

先週9~11日の3日間、

江別市の北海道立食品加工研究センターにて、食品微生物管理技術基礎講習を受けて来ました。

食品加工に従事している企業に向けた、基礎的な微生物検査や衛生の講習内容のものでした。

食品や栄養学系の大学では、習うような内容ですが、僕は学校で習うことなく、前職で知識は少々得ても、実際の検査は業者が行っていたので、

自分の工房できちんとした微生物検査が出来なくとも、簡易的なものや知識は十分に生かせられるだろうと思い、受講してきました。

。。。。。

前日8日はここの地域(大里地区)の祭りがあり、催しの子供相撲・ビンゴ・餅まきが終わったあとは、そのまま神社で飲むのですが、ここは我慢して(>_<)早くに帰り、翌朝早くに出発!

今回の研修は全部で16名、蓄肉、魚肉、野菜など、さまざまな食品加工業の方が来られていました。

今回は乳製品加工は僕のみで、さらに個人での参加も僕だけでした。

1日目の研修内容が

・微生物制御に関する講習

・細菌検査に関する講習

・実習Ⅰ 食品から乳剤を作り、寒天培地に塗抹

でした。

実習Ⅰでは、1班4名で、実際の商品として売られていた、ひき肉、すり身、漬物、カット野菜をそれぞれ担当して、食品を生理食塩水で10倍に薄め、さらに100倍・1000倍・10000倍と薄めたもの(食品乳剤)を、用意された一般細菌と大腸菌群用の培地に塗り、培養という内容です。

2日目は

・培地調整

・実習Ⅱ 次亜塩素酸の使用法とふき取り検査

・実習Ⅲ 耐熱性芽胞菌とクロストリジアを検査 培地混釈

・HACCP講習

・実習Ⅰの大腸菌群・大腸菌の判定結果

でした。

耐熱性芽胞菌とクロストリジア用の培地を作るのに、粉末原料と蒸留水を混ぜて滅菌。

次に蒸留水、新しい次亜塩素酸入りの蒸留水、古い次亜塩素酸入りの蒸留水、さらにそれぞれの次亜塩素酸入り蒸留水にスキムミルクを入れて汚れた状態にして、それぞれに大腸菌を入れて、その殺菌効果を実験検査。

食品加工での器具などの殺菌法には、次亜塩素酸水、煮沸、蒸気、酸性水、殺菌機などがありますが、うちのチーズ工房では、ハード面を購入しなくても行える次亜塩素酸水と煮沸にて殺菌しています。なので、この実験は実際の製造現場に生かせられますね。

ふき取り検査は、簡易検査キットにて、壁やドアノブ、よく使う道具などに付着している生菌やタンパク質を取り出しその数を検査。

そして、朝に作った培地に前日作った食品乳剤を加え、シャーレ内で寒天培地が固まったら培養。

最後に前日から培養した、大腸菌群と大腸菌の検査結果を出しました。

その時の培地がこのような状態です

Cimg3686

Cimg3684

コロニー状になった数を数えて、食品中の生菌の数を数えたり、試験管の中の状態で陰性、または陽性の疑いを調べます。

3日目は午前中のみで

・1日目と2日目の結果判定

・顕微鏡観察

一般生菌、次亜塩素酸、ふき取り検査、耐熱性芽胞菌、クロストリジアの検査結果を判定。

その時の一般生菌の結果がこちら

Cimg3687

これも、コロニーの数で食品中の生菌数を調べます。

最後にこの培養した生菌を取り出し染色して、顕微鏡でその形を見ました。

。。。。。。。。。

このような内容の研修でした。

器材や培地などを滅菌するためにさまざまな設備が必要になるので、うちのチーズ工房のような小規模さでは、ここで学んだ実技を実行することはなく、

実際は、簡易キットにて検査し、疑いがある場合と、自主定期的に業者に検査依頼とする予定です。でも、根本的な知識と意識を得ることが出来た、受講して満足の研修でした!

| | コメント (2)

2008年9月 9日 (火)

ただいま研修中

昨日は地元の祭りを青年団として準備に催しをして、
今日から3日間、江別にて研修を受けています。

コメントくださった方、
すいません、
落ち着いたら返事をしますので、もう少し待っていてくださいm(_ _)m

| | コメント (2)

2008年9月 5日 (金)

ラベル作り その2

あれから字を書き直して、背景も少し手を加えました。そうして出来たのが

Photo_2

ひきつづき、どんなことでも構いませんので、よければ感想やアドバイスなど、よろしくお願いしますm(_ _)m

| | コメント (7)

2008年9月 2日 (火)

ラベル作り

チーズの商品化で必要なものの1つに「ラベル」があります。

さぁラベルを作ろう!と思ったら、漠然とした疑問が~

さまざまな商品がある中で、ラベルやパッケージはどう用意しているのか?

やっぱりデザイナーや印刷会社などの業者依頼が大半なんでしょうね。

そうしたら、国産のチーズや畜産加工品など、農家製などの小規模生産者のラベルはどうしているのか?

いろいろ本やネットで見てみると、シンプルであったら、かわいいものであったり、高級感やビンテージ感があるものであったり・・・どれも良いデザインだなぁと感心してばかりで。

じゃあ、自分のはどうしようと考えたけど、まず業者依頼という方法はなくなりました。

お金かけられないですから~(爆)

自分で作ろう!実はアイスクリームのラベルも手作りなんです。父親が作ったものです。

Photo

なかなかいいですよね。

ラベルを作るソフトはあるので、簡単なデザインならちょっとした手間で出来るのですが、

ちょっと手をかけて、良い雰囲気のものを作りたくて、筆字のフォントを探したんですが、

そういうフォントって高いんですね・・・初めて知りました(>_<;)手が出ません~

イラストなどの素材も良くて安いものもなかなか見つからず・・・で

こうなったら全部手書きだー!と意気込んで作ってみました。

あ、先に言い訳しときます。学生の頃から美術はちょっと苦手でしてsweat01

スキャンを繰り返して作ってみた試作第1弾がこちら!

Photo_2

、、、なはは、どうでしょう?なんかイマイチ( ̄◇ ̄ゞ

でも、こ~んな感じの構想で。筆字で、牧場の自然を表現する、夕焼け、風、海、草の色を入れて。

今、文字の感じを変えようと、書いていたら筆ペンのインクが無くなって終了~。

今書いたのがコレ

01

これはけっこう上手くないですか?(自画自賛(笑)

ラベルに関して、できたら皆さん、力を貸していただけますか?

アイデアや、ここをこうしたら?のようなアドバイス。素材などいただけたらなお嬉しいです!

よろしくお願いしますm(_ _)m

、、、あ、ここで発表になりましたが、

チーズ商品化第1弾は、ソフトタイプの水入りモッツァレラになります!

| | コメント (2)

結花っ子 次男は

今年の夏、8月はジリジリと真夏の日差しが強いような日は片手で数えられる程度で、

過ごしやすく、牛もバテない気候ですが、「夏だーっ!」っていう気分になれず、ちょっとさびしいような・・・

でも、湿度はあってジメっとしていました。そのせいで、雑菌が繁殖しやすい環境となって、乳房炎という牛の乳房の中に雑菌が入って起こる病気が多くて困っています(>_<)

。。。。。。

話は変わって、先月の27日。遠く宮城県からはるばる我が家を訪ねてこられたお客さんが。

その方は結花の子の次男のオーナーとなる方です。次男をテイネドッグスクールに引き取りに行くのに合わせて、産まれた場所と母親の結花を訪ねて来てくれたのです。

前日に訓練所で、次男と初めての対面。スタッフからいろんな話を聞きながら、訓練所にいる親戚犬の「ウラン」や、おばあちゃんにあたる「アディ」たちと遊んできたそうで、

27日はせたなに寄った後、訓練所で次男を引き取って、夕方飛行機で帰るというハードスケジュールにもかかわらず、来てくれたことは嬉しかったですね!

新しいオーナーは、アジリティーに打ち込んでいて、お互いのことや、結花と結花っ子のことで、楽しい話が出来ました。

朝はあいにくの雨も、話しているうちに上がって、外で結花と向日葵とも一緒に遊びました。

次男は「エクシー(EXI)」という、オーナーの思い入れのある、良い名前をつけてもらって。ホントに良い方の元に行けて、エクシーも僕も幸せですね。

Cimg3157

エクシー、生後5日目

Cimg3260

生後21日目

そして、新しい家についてから、ケータイに写真を送ってくれました

Grp_0000_2

これからオーナーとエクシーと楽しい生活が送れますように!

。。。。。

プレゼントにエクシーの小さい頃から撮り続けた写真や動画をCD-Rを渡しました。

次男以外のオーナーの方、もしこのブログを見てくださっていたら、ご連絡いただければ、同じように子犬の頃の写真や動画をCD-Rにしてお渡しします。

僕としても兄弟犬のお話が聞けたら嬉しいので、ぜひご連絡ください!

| | コメント (6)

« 2008年8月 | トップページ