« ラベル作り | トップページ | ただいま研修中 »

2008年9月 5日 (金)

ラベル作り その2

あれから字を書き直して、背景も少し手を加えました。そうして出来たのが

Photo_2

ひきつづき、どんなことでも構いませんので、よければ感想やアドバイスなど、よろしくお願いしますm(_ _)m

|

« ラベル作り | トップページ | ただいま研修中 »

コメント

う~ん、そうですねー。
字がヘタウマに見えるほどヘタでもなければうまくもないと思うので^^;、手書きにするならそれをカバーする必要があると思います。
筆ペンじゃなくて、割り箸を削ってそれに墨をつけて書いてみたり、綿棒で書いてみたり(書けるのか?)、道具を変えてみるのも手かな。
あとは、フォントの上を筆ペンなどでなぞって書いてみるのもいいかも。
それとか・・・左手で書いてみる?^^

投稿: はたかおり | 2008年9月 5日 (金) 19:39

そうですね、私も筆や黒にこだわらず、いろんな素材で色で、一度書いてみることをお勧めします。フォントのほうが見やすいだろうとは思いますが、手書きでいろいろ試してみることが最終的には生きてくると思いますし。
あと細かいことですが、レプレラとモッツアレラの文字の大きさが似ているので、どれが商品名なのかわかりずらいような気がします。多分入れ物が透明なら、モッツアレラであることは見てわかるのではないでしょうか。
ケンゴさんが、このチーズの中で一番アピールしたいところをしぼりこんで、一番目立つようにすればよいのではないかと思います。
なんだかえらそうにいろいろ書いてしまいましたが、あくまで私の感じたことなんで、適当に聞き流してください(笑)
チーズの試作もしながらでしょうから、なかなか大変だとは思いますが、がんばってくださいねー!

投稿: とみ | 2008年9月 5日 (金) 21:42

はたかおりさん とみさん

コメントありがとうございます!
こうしてアドバイスをもらえることって、ホントにありがたいです。
ものを書いたりデザインするのは好きなんですが、好きだからってセンスがあったり得意かっていったら、そうでないもので(>_<)
なるほど、固定観念にとらわれずに、いろいろと幅を利かせて試してみます(^^)
割り箸!?左手!?って全然頭に無かった考えで驚きました。よし、試してみよう。
バランスも言われてみればそうだ~、自分だけじゃなかなか気づかない所です。

また何かあったら、気軽に言ってくださいね!

投稿: ケンゴ | 2008年9月 5日 (金) 23:05

チーズ工房の稼働もいよいよですね!
普段の仕事もしながらだと思うので、大変だとは思いますが成功を祈っています。
僕は個人的には、村上牧場ミルク工房という部分の書体はすごく好きです。ただ、商品名の方は、カタカナの線が細すぎるようね気がします。あと、和紙というか、そこまでいかなくても紙の繊維が少し粗めのようなものの方が、このデザインに合うような気がします。すいません、勝手なことをたくさん言って・・・。どうぞ聞き流してください。

いざとなったら決断するのは難しいですよね。僕も、自分の店について、まだまだこれでいいのだろうか?ということが山積みですから。でも楽しいのでいいんですけどね(*^_^*)

ラベルデザイン、決定したら教えてくださいね。

投稿: kenji | 2008年9月 5日 (金) 23:15

ケンゴくん、おはよ!

ラベル作り、奮闘しているね♪
私個人的には前回の字体の力強さが好きです。
やっぱり、レプレラとモッツァレラの字の大きさの
バランスがパッと見には最重要かなぁって・・・。

それと、せたなの小中学校とかの書道の先生とかに
味のある字を書いてもらうっていうのもありかも♪
センスで言えば、私達素人よりもグッとアップするだろうね。
先生とかならさ、
きっとケンゴくんとこのラベルになるっていうなら
きっと喜んで、ご好意で書いてくれると思うんだ!(笑
ケンゴくんの手で描かれたケンゴくんのチーズっていうのも
もちろんゆるぎない個性で、ケンゴくんらしいんだけどね!

あと、ラベルとなると、モッツァレラだけではないので、
ケンゴくんの大好きなせたなの色「夕陽、空、海、草地」の
全ての色をモッツァレラだけに入れるのではなく、
例えばモッツァレラには空色で、セミハードには夕陽色で・・・
といったように、チーズの種類ごとに色分けしたラベルっていうのも
ありかなぁって。
また同じタイプのチーズを食べたいって思ったお客さんが
ラベルの色でも「これだこれ!」って思えるようにね!
シンプルでもしっかりラベルとしての機能を果たせると思います。

勝手なことばっかり言っちゃいましたが、
まぁ、ケンゴくんの思うラベルになるまで妥協せずに
育てた子ども達(チーズ)と同じように
じっくり育ててあげてくださいね。

私も陰ながら楽しんでラベル作りを応援しているから、
頑張って~ヾ(〃^∇^)ノ♪

投稿: ラムネ | 2008年9月 8日 (月) 08:14

kenjiさん

コメントありがとうございます。
アドバイスくださって嬉しいです!なるほど、参考にして反映させていきたいと思います。
そうですね、僕も和紙のような素材のラベルなら、雰囲気や味があっていいなと思っているのですが、
水入りモッツァレラの包装は水気や結露がありうるので、ふやけない光沢性のラベルでないとならないんです、う~ん残念ですね(>_<)

いろいろとこだわりだすと、これだという決断に至るまで煮詰める時間が長くなってしまいますけど、
それが物づくりの楽しいところでもありますね。
kenjiさんも産みの苦しみがあるかもしれませんが、ぜひ楽しい物づくりに励んでください(^^)

投稿: ケンゴ | 2008年9月14日 (日) 09:04

ラムネさん

コメントありがとうございます。
たくさんのアドバイス、ホントに嬉しいです!(^^)

バランスはムヅカシーですね(汗)
自分のセンスのなさが浮き彫りに、、、(笑)がんばります。
文字は、もうちょっと自分でやってみるつもりです。
工房作りから思うことですが、自分の力でやることに楽しみや喜びをおぼえて。
でも、これまたセンスですから(^_^;)がんばっても自分ではキツイと思ったら、書道に通じている友人に当たってみようと思います。
あと、牛の絵やイラストとかも、良いなと思えたら、どなたかにお願いしようと思います。

色を商品で変えるアイデアはいいですね!そのパターンも試してみます。
モッツァレラならフレッシュだから、やっぱり空色ですね、爽やかな感じで。
そうすると、各種の商品が棚に並んだ時に、全体で良い雰囲気になるかな~
いろいろ考えるだけでも楽しくなってきますね(^^)

また、進行状況を書いていきますので、その時はまたアドバイスもらえると嬉しいっす!

投稿: ケンゴ | 2008年9月14日 (日) 09:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ラベル作り | トップページ | ただいま研修中 »